急激なダイエットは肌を荒らす

地上デジタルになり、テレビに映る芸能人やアナウンサーなどの肌も良く分かるようになりましたね。
スリムで細い女優さんなど、良く見てみると大きな吹き出物をメイクで隠している時もありますね。
実は、急激なダイエットは肌を荒らす原因ともいわれています。

急激なダイエットの代名詞といえば、食事制限による減量方法がすぐに思いつきますね。
ダイエットをしている人が嫌う食事に、肉や脂の含まれたものがあります。
この脂分には、便を軟らかくし排泄を促す働きがあります。
ダイエット中に便秘になりやすいのも、この脂質や肉類が極端に摂取されていないことも原因の一つともいえます。
便秘をすると、体内の老廃物が蓄積されやすくなるため、肌も荒れやすくなるというわけです。

また、肌のターンオーバーに関係している女性ホルモンも、急激なダイエットによってバランスが崩れやすくなります。
女性には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが関係してきます。
月経を終えてから排卵前後までにエストロゲンの分泌量が増えます。この間は、女性らしい肌のハリや美しさを作り出されます。
プロゲステロンは排卵後から月経が終わるまでの間に分泌量が増えます。この間は、イライラしたり、便秘になったり、体に水分や栄養を蓄えようとします。月経前後に肌が荒れるというケースが多く見られます。
プロゲステロンは皮脂の分泌を促進するので、急激なダイエットでホルモンバランスが崩れると、プロゲステロンの分泌の期間が長くなり、結果肌荒れしやすくなるのです。
逆に、このホルモンの性質を理解してのダイエットがオススメです。

急激なダイエットをしてしまうと、体の水分量が不足する場合があります。
運動の後は、しっかり水分を摂取することで、新陳代謝もあがります。
新陳代謝があがると、肌のターンオーバーがしっかり機能するようになるので、肌荒れなども治りやすくなります。

ダイエットをする時には、短期で結果を出そうとせず、毎日コツコツと続けられるペースで、規則正しい食生活、運動、睡眠に気をつけて、何よりストレスを溜めない様にするのが一番の秘訣なのかもしれません。

Comments

Comments are closed.