ラジオ波やバキュームがセットになったものもあります

超音波の力を利用して、安全に高い効果で脂肪を乳化し、排泄させてくれる夢のようなマシン、キャビテーション。
エステサロンで施術を受けるのが一般的ですが、1回の施術では効果が持続しにくく、満足するためには何度か通わなければならないし、お金もかかります。
でも、実はそんなキャビテーション、エステに行かなくても、自宅でできるものがあるのです。
自宅用キャビテーションマシンは、いくつかのメーカーから、様々な仕様のものが発売されています。
自宅でエステ並みの痩せ身が実現できると考えると、そんな嬉しいことは無いですよね。
ですが、現実的には、この自宅用キャビテーションマシンは、思ったほど効かないという口コミが多いのです。
その原因の1つが、キャビテーションを行う前後のケアです。
キャビテーションで十分な効果を得るためには、施術の前に脂肪を温めて、柔らかくしておく必要があります。
エステなどでは、ラジオ波なんかを用いて、しっかり施術前のケアを行います。
自宅用のものは、ラジオ波やバキュームがセットになったものもありますが、使い方を間違えると、ちゃんとした効果は出ません。
ラジオ波で、まずは脂肪を柔らかくし、その後キャビテーションを行い、そしてバキュームでリンパを流すという正しい方法を行うことが重要になります。
それから、これらがセットになっていないマシンの場合には、入浴やマッサージなどで温めておく必要があります。
さらに、キャビテーションを行った後は、そのまま放置してしまうと、まったく効果はありません。
せっかく分解した脂肪は、リンパで流す必要があるのです。
エステでは、リンパマッサージなどでこの部分をきっちり行ってくれますが、自宅の場合には、マッサージしたり、水分をしっかりとりながら運動するなどの働きかけが必要になります。
このように、気軽に思える自宅でのキャビテーションは、かなりの手間をかけ、努力をしないと効果を実感できないものなのですね。

Comments

Comments are closed.